ブラジリアン柔術&キックボクシング

護身術や怪我しにくいゆるくできるブラジリアン柔術がメインですが、希望者がいればダイエットに適したキックボクシングが学べます。

ブラジリアン柔術

打撃がなく、絞め技や関節技、投げ技が学べます。護身術やダイエット、そして頭と体を使った体操感覚で格闘技を学ぶことができます。また、柔術衣も、様々なパッチを貼って、自分好みのオリジナルな柔術衣にしていくのも楽しいです。

キックボクシング

当クラスでは、メインは柔術ですが、希望者がいれば、インストラクターからキックボクシングが学べます。今、ボクササイズが流行っており、芸能人やモデルもキックボクシングを学ぶ背景には、気軽にダイエットができ、且つストレス解消ができます。

※参考:ブラジリアン柔術とは

今、格闘技では、絞め技や関節技(腕十字固めやアームロック)で決まることが多いのですが、選手のほとんどがブラジリアン柔術を学んでいます。では、ブラジリアン柔術とはどういった競技なのでしょうか。
ブラジリアン柔術とは、柔道を起源とし、ブラジルに渡った日本の柔道家が現地のブラジル人に格闘技を教えたのが発端です。投げ技、関節技、絞め技を主体とし、ほぼ柔道と同じルールではありますが、柔道と違って投げ技の一本がないため、寝技で決着します。
ホイス・グレイシーが無差別の格闘技の大会UFCで優勝し、いっきに知名度が上がりました。体の小さなホイス選手が、大型のプロレスラーや柔道家などから次々に一本勝ちし、観客・視聴者に「小さな人でも大きな人に勝てる」ということが広まりました。現に軽量級でありながら、無差別で優勝する選手もおり、力の差が最も技術でカバーできる格闘技として、更に人気が出てきております。

Copyright(c) 2015 稲妻柔術アカデミー目黒支部. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com